Watchdog
ウォッチドッグプログラム

認証アプリケーションへ「プライバシー苦情の申し立て」

  • 一般社団法人日本プライバシー認証機構

    日本プライバシー認証機構は、プライバシーステートメントに従って適切に個人情報の取扱いを実施しているアプリケーションにTRUSTeマークを付与します。

    一般社団法人 日本プライバシー認証機構ウェブサイト ⇒ http://www.truste.or.jp/

  • Watchdog(ウォッチドッグ)プログラムとは?

    Watchdog(ウォッチドッグ)プログラムは、プライバシーステートメントの違反、TRUSTe認証アプリケーションやその運営事業者に対する個人情報に関連する懸念などの報告をユーザーから受け、問題解決に努めるものです。

  • 報告フォームの前に

    報告フォームに入力する前に、必ず以下の「報告前の3つのステップ」を確認してください。その上で、認証アプリケーション及びその運営事業者に申し出たが、プライバシー苦情に対して解決を試みない、或いは満足のいく結果でなかった場合にのみ、この「Watchdogプログラム」から日本プライバシー認証機構に報告を行ってください。

プライバシー苦情報告前の3つのステップ

STEP01

問題にしているサイトがTRUSTeライセンシーのアプリケーションであるか確認してください。

TRUSTeマークの付与を受けていないアプリケーション及びその運営事業者に対して、TRUSTeは問題解決に向け関与する権限がありません。よって問題や苦情を解決するお手伝いはできかねます。必ず対象がTRUSTe認証アプリケーション及びその運営事業者であるかを確認してください。

STEP02

苦情の内容がそのアプリケーション及び運営事業者に対する個人情報に関連する問題であることを確認してください。

TRUSTeに報告する前に、認証アプリケーションのプライバシーステートメントや利用規約をよく確認してください。TRUSTeでは、認証アプリケーション及びその運営事業者のプライバシーステートメント違反等の問題を解決するものです。アプリケーション上でアプリケーション利用者の個人情報がどのように取得・使用・提供され、保護されているかについての問題を取り上げています。

プライバシーに関する苦情として適切な例:

「サイトのメーリングリストから名前を消去するよう3度リクエストを出しているが、未だ解決をみない。」

プライバシーに関する苦情として不適切な例:

「料金を送っているもかかわらずまだ品物を受け取っていない。」

「パスワードを忘れてしまってアカウントにログインできない。」

※アプリケーション上での特定の取引やオンラインでのオーダー、その他個人情報保護に関係しない苦情、問題点等を取り上げる事はTRUSTeの権限範囲ではありません。そのような問題に関してはそのアプリケーションの苦情係などへ連絡をしてください。

STEP03

問題にしているアプリケーション及びその運営事業者へ直接連絡しましたか?

まずはじめに、直接TRUSTe認証アプリケーション及びその運営事業者へのお問い合わせを行ってください。
TRUSTe認証アプリケーションはアプリケーション利用者のプライバシーに関する苦情を取り上げ、20営業日以内にアプリケーション利用者へ回答することになっています。

【日本プライバシー認証機構に報告する前に、最後にもう一度確認してください。】

※日本プライバシー認証機構に報告する前に、必ず認証アプリケーション及びその運営事業者に連絡をしてください。

※認証アプリケーション及びその運営事業者と直接連絡をして解決できれば要する時間が短くなります。

※認証アプリケーション及びその運営事業者がアプリケーション利用者からのプライバシーに関する苦情の解決を行う事が妥当と考えます。

TRUSTeに報告する

※ 問題にしているサイトがTRUSTeライセンシーのアプリケーションであるか確認してください ※

一定の時間・連絡を経ても満足のいく結果が得られない場合は、以下の「次に進む」をクリックし、TRUSTeへの報告を開始してください。尚、調査を始める前にTRUSTeに更に詳細な情報提供をお願いすることがあります。