Learn more

もっと知りたい

TRUSTeをもっと知りたい

TRUSTe(トラストイー)マークが、あなたの信頼にこたえる。
その仕組みをご紹介します。
TRUSTeプログラムは、OECDプライバシー原則・EUセーフハーバー協定・ APEC越境プライバシールールに準拠しており、
世界中で信頼のマークとして利用されている理由を知ってください。

事業者は個人情報保護を約束し、その約束を守ります

TRUSTeのプライバシーマネジメントシステム

  • TRUSTeのプライバシーマネジメントシステム

    TRUSTeが生まれた米国は、「訴訟社会」や「契約社会」などと呼ばれることがあります。 とりわけこうした社会では約束事を誠実に守り続けることが信頼につながります。 事業者がユーザーの個人情報保護、プライバシー保護に関連した約束事を自らに課すことを「自己管理」といいます。 また、その内容をユーザーとの約束事として守ると自ら誓うことを「自己宣誓」といいます。 TRUSTeは、自己管理の内容が適切であることと、自己宣誓したその内容が、誠実に行われていることを第三者の立場で見守ります。 その内容を記した自己宣誓文を「プライバシーステートメント」と呼びます。

    自己管理が適切であれば、不要な個人情報、プライバシー情報の収集や保管が控えられるのと同時に、不正な利用不適切な利用を防ぐことができます。 プライバシー情報の保護と活用は事業者によって異なるため、プライバシー原則に基づいた「約束」にするには、専門性のある第三者「認定(コンサルティング&審査)機関」の指導が必要となります。 TRUSTe認証は、ユーザーに対して「約束をし、約束を守る」ことで信頼を維持することができるのです。

  • TRUSTeのプライバシーマネジメントシステム
  • TRUSTeは信頼を守るのが得意です

    TRUSTeは信頼を守るのが得意です
    • フルディスクロージャー

      プライバシーステートメントに収集情報、利用目的、保護、委託先等々の全てを公開します。していただきます。(透明性確保)

    • インフォームドコンセント

      プライバシーステートメントにユーザーの不利益になる可能性があることも明記されていることを確認(トラブルの予防)

    TRUSTeは、法律よりもあなたを重視します
    • 苦情の解決

      プライバシーステートメントに偽りがあれば、苦情をTRUSTeが受け付け解決につとめます。

    • プライバシーステートメント

      プライバシーステートメントを常に最新で正確なものに保ち、その内容を保証します。

  • TRUSTeは、法律よりもあなたを重視します

    TRUSTeプログラム

    TRUSTeプログラムは、「OECDプライバシー 8原則」及び日本の「個人情報保護法」に準拠しています。しかし、ユーザーの求めるコンプライアンスは、OECDプライバシー8原則や日本の個人情報保護法の基準よりも高いため、ユーザーの要求するレベルに照らしてどうかという観点で審査します。

    TRUSTeは、法律よりもあなたを重視します

TRUSTeは個人情報保護担当者のプライバシー保護の教育を推奨しています

3つの認定資格について

  • 認定CPA 個人情報取扱従事者資格

    認定CPA

    個人情報取扱従事者資格

  • 認定CPP 個人情報管理者資格

    認定CPP

    個人情報管理者資格

  • 認定CPO 個人情報保護最高責任者資格

    認定CPO

    個人情報保護最高責任者資格

CPA/CPP/CPO 3つの認定資格について
  • TRUSTeの付与機関である日本プライバシー認証機構では、企業の個人情報保護担当者やスタッフ向けに、OECDプライバシー原則や個人情報保護に関する適切な知識を得ることができる資格付きの研修を認定機関で実施しています。TRUSTe取得の事業者のみなさまには、こうした研修受講による資格取得を推奨しています。

TRUSTeは、ITの未来とともにあゆみます

  • TRUSTeの世界への広がり、日本へ

    TRUSTeは、米国からはじまりました。後に米国とEU間の個人情報、プライバシー情報の移転についての取決めである 「セーフハーバー協定」に対応しました。また、APEC加盟国間での個人データの転送のための取決めである 「APEC越境プライバシールール」にも準拠しています。このようにTRUSTeは、 世界中のインターネットを利用した個人情報保護、プライバシー保護の統一基準として利用されています。 EUやアジア太平洋地域で事業を行っているグローバル企業の多くは、TRUSTeの認証を活用しています。 TRUSTeは、コンプライアンスリスクを最小限に抑えることであなたのブランドを保護し、個人情報保護、 プライバシー保護へのコミットメントを示します。

  • ビッグデータ社会の最大のテーマはプライバシー

    世界中で普及しているスマートフォンは、登録されている連絡先やその通信の内容、位置情報、 インターネット利用履歴などプライバシー情報の宝庫です。また、建物や家電、その他の身の回りのさまざまな製品が、 インターネットに通じていて、そこからユーザーに関する情報が集められる社会となってゆきます。 こうした状況は、IoT(Internet of Things)と呼ばれます。 そこから収集された膨大な情報を、解析し、事業活動等に活用する動きがすすめられています。 このように個人情報やプライバシー情報の収集と活用が活発である現代の社会では、その保護が重大な課題と言えます。 こうした中、TRUSTeプログラムは、信頼という名前の個人情報保護認証として、 時代にあったプライバシーソリューションを社会に提供してゆきます。

  • マイナンバー、個人情報保護法改正などの環境変化

    いわゆるマイナンバーという国民一人ひとりに番号を付番する個人番号制度が導入されました。 まずは、社会保障・税分野から国民管理が共通する番号によって行われています。現在、民間事業者の利用は制限されていますが、 将来には利用されるようになる可能性があります。また、2017年5月には個人情報保護法の改正法が全面施行されました。 このように社会の制度や法令が変わることにより世の中が変わります。事業者は、まずは法令を十分に理解し違反することが 無いように対応することが必要となります。 TRUSTeは、社会環境の変化とともユーザーへの個人情報の取扱いについてのソリューションも提供してゆきます。

ウェブサイトとアプリの個人情報保護の問題を解決します

  • TRUSTeマークは十分なプライバシー品質を保証します
  • TRUSTeマークは十分なプライバシー品質を保証します

    TRUSTeをウェブサイトに導入することでコンプライアンス対応について認証を得ることになります。 また、事業でアプリを提供している場合には、アプリのプライバシー問題を解決することができます。

    ウェブサイトへの導入

    サービス用ウェブサイト、コーポレートウェブサイトは、ドメイン単位の認証です。 www.ドメイン名.jp(com、co.jp、net等)

    スマートフォンアプリへの導入

    スマートフォンアプリは、iOS、Android OS上で動くアプリ単位の認証です。

  • TRUSTeマークは十分なプライバシー品質を保証します

グローバル展開で活躍しているTRUSTeライセンシーをみてみよう

世界のTRUSTeライセンシー

TRUSTeプログラムは、OECDプライバシーガイドライン・EUセーフハーバー協定・APEC越境プライバシールールに 準拠しているため、世界中で信頼のマークとして利用されています。

日本のTRUSTeライセンシー検索

日本で活躍しているTRUSTeライセンシーをみてみよう。部分一致で「URL」か「事業者名」か「サイト名」で検索することができます。

TRUSTeライセンシー検索結果一覧(部分一致)

TRUSTeには、選ばれる理由があります

  • インターネット特化のため

    インターネット特化のため

    インターネットで扱うプライバシー情報の取扱いや利用について透明性を高め苦情の発生を避けるなど信頼性の高いサービスを提供できます。

  • グローバルビジネスのため

    グローバルビジネスのため

    TRUSTeは、世界中で高い認知度があるため、グローバルにビジネス展開する際のサービス品質の保証に役立ちます。

  • 個人データビジネスのため

    個人データビジネスのため

    個人データを扱うビジネスでは、プライバシーの配慮がユーザーとのより良い関係維持に役立ちます。

  • ユーザー獲得のため

    ユーザー獲得のため

    個人向けサービスでは、信頼感を持っていただくことで、ウェブ広告からの登録率をあげることが期待されます。

  • 顧客満足度向上のため

    顧客満足度向上のため

    世界基準であるOECDの基準でプライバシーを守ることで、お客様に満足していただけるサービスを提供できます。

  • コンプライアンスのため

    コンプライアンスのため

    取得した認証を維持するためには個人情報保護に関する法令遵守が不可欠なため、健全な企業体質の構築に役立ちます。

  • 流出予防のため

    流出予防のため

    従業員がお客様を意識して個人情報の重要性を意識するようになるため、個人情報の安易な持ち出しに起因する事故や流出事故などや持ち出しの予防に役立ちます。

  • 保険もついている

    保険もついている

    万一の情報漏えいの際には、損害賠償保険が守ってくれます。(一部の事業者を除く。)認証期間中は、情報が漏洩した場合の賠償金や訴訟費用などの損害が発生した場合に保険金が支払われる「情報漏えい賠償責任保険」が付帯しています。

TRUSTeマークのあるウェブサイトやアプリにご期待ください

  • パンフレットダウンロード

    以下のリンクからTRUSTeのパンフレットのPDFデータをダウンロードできます。
    プリントアウトしてご利用ください。
    TRUSTeのことをまだ知らない周りの方に是非教えてあげてください。
    まだTRUSTeマークの無いウェブサイトにも推薦してください。

  • TRUSTeへお問い合わせ

    TRUSTeにお問い合わせがある方は下記よりお問い合わせください。
    ・メディア・学校・消費者団体等のTRUSTe制度の詳しいお問い合わせ
    ・事業者ウェブサイトのTRUSTe導入についてご質問
    ※TRUSTeライセンシーの苦情についてはこちらをご利用ください。